株式会社カネトモ

  • フェイスブック

事業内容

<海外買付>世界の海から国境を越えてビジネスは広がっていく

海外買付

<国内市場>安定供給を実現するために

日本有数の遠洋漁業基地として知られる静岡県焼津港。
カネトモはこの地を拠点としてクロマグロをはじめとしてメバチ・キハ
ダなどの多彩な鮪を日本全国のマーケットにお届けしています。
刻一刻と変化する世界の漁場情報と国内消費市場の動きを
すばやくキャッチし、これらを判断材料に一船買いや、セリ、入札
などによる仕入れを行っています。
焼津港鮪セリ

<品質管理>食の安全という使命

まぐろの加工 仕入れたマグロは、約マイナス60℃という超低温の冷蔵庫で保管
され捕獲時の鮮度さを保った状態で消費市場に出荷されます。
また併設した製品加工場では顧客のニーズにあわせてロイン・
ブロック・ステーキなどの形態に製品化し大型量販店などを通じて
全国に販売しています。

<一次加工>

まぐろの加工 既存の超低温冷蔵庫とつながった加工場の室温はマグロの品質を保つように適切な温度で管理しています。 また、電解水を積極的に活用し、加工作業者の手洗い以外に、冷凍魚の洗浄・殺菌・加工機器を含めた加工場各所の 殺菌にも使用しています。そして製品の品質を劣化させないよう原料投入から製品入庫まで短時間で加工できるよう効率の 良いレイアウトが施されています。

<超低温冷蔵庫>

超低温冷蔵庫内 温度管理は、鮮度と品質維持のために重要ですが、それだけでなく病原菌の増殖を防ぐ重要な要素です。そのため、冷蔵庫・加工場では 原料から製品はもちろん、残滓に至るまで常時、適切な温度管理を行い、新鮮で安全なマグロを提供できるよう取組んでいます。 弊社の超低温冷蔵庫は床面積4,900m²/、公称10,200tを誇り、マイナス約60度でマグロを新鮮なまま保管します。

<保管・物流>地域社会に信頼のネットワークを広げる

まぐろの加工 当社は、経営の多角化・安定化を目的として、倉庫・運送を営み、静岡県中部地域に倉庫を保有しています。 保管から輸送までのトータルなサービスを提供することにより、常に地域社会に調和する物流をサービスを心掛けています。 お客様の毎日の食卓に信頼できる商品をお届けするためにカネトモは平成16年11月、東名高速 道路焼津インター近くにある冷蔵庫敷地内に、2階本社事務所、1階加工場の新社屋を完成しました。

<安心・おいしい・健康>信頼のブランドを届ける

食品の製造・加工の工程にHACCPシステムを導入。社員ひとりひとりが食品の安全に対する高い意識で、高品質な製品を安定供給。おいしさを心から感じていただける新鮮なマグロを全国に!
お客様の毎日の食卓に、信頼のブランドをお届けすることがカネトモの使命です。

まぐろの加工  マーク 1階:水産加工工場     マーク 2階:事務所、食堂、会議室、食品検査室
 マーク 排水処理施設:回分式活性汚泥法
 マーク 加工ライン:ロイン、ブロック、ステーキ、チルド加工
 マーク 建物構造:鉄骨造2階建てALC板 HACCP対応